支援先ご紹介

2017年から2018年はカブラ村へ教室や職員室の建設寄贈を行いましたが、

2019年Pierre Ledent(ピエール・ルドン)」バレンタイン寄付金からは、

カチ村(Kati)、マエンデレオ村(Maendeleo)、ムウェンジ村(Mwenge)の3つの村での小学校教室寄贈を開始しております。

2019年バレンタイン寄付金からはこれらの村へ合計12の教室を寄贈させて頂きました。

カチ村 (Kati)​

村の収入源

カカオ豆と米

1教室あたりの生徒数

160人から115人へ

​約1600人の生徒がいるにも関わらず、

10教室のみでした。

この度新しく4教室を建設寄贈したことで

1教室あたりの平均生徒数は115人へ減少。

まだ20もの教室と職員室が必要です。

​教科書不足数

7000冊

​インフラストラクチャー

水道有り、電気無し

学校には水道は通っていますが、

トイレが20しかなく、

更に50ものトイレが必要とされています。

​まだ、電気も通っていません。

 
 

マエンデレオ村 (Maendeleo)​

村の収入源

カカオ豆と米

1教室あたりの生徒数

250人から125人へ

​1000人以上の生徒がいるにも関わらず、

完成していた教室は4教室のみでした。

この度新しく4教室を建設寄贈したことで

1教室あたりの平均生徒数は125人へ減少。

まだ20もの教室と職員室が必要です。

​教科書不足数

4000冊

​インフラストラクチャー

水道有り、電気無し

学校には水道は通っていますが、

トイレが14しかなく、

更に35ものトイレが必要とされています。

​まだ、電気も通っていません。

 

ムウェンジ村 (Mwenge)​

村の収入源

カカオ豆と米

1教室あたりの生徒数

110人から90人へ

​ここはほかに比べるとまだいい方ですが

1300人程の生徒が修理が必要とされる

古い11教室で学んでいました。

この度新しく4教室を建設寄贈したことで

1教室あたりの平均生徒数は90人へ減少。

但し、まだこれら古い教室の修復と、

新しい18の教室と職員室が必要です。

​教科書不足数

8500冊

​インフラストラクチャー

水道有り、電気無し

学校には水道は通っていますが、

トイレが15しかなく、

更に44ものトイレが必要とされています。

​まだ、電気も通っていません。

ストークグローバル・ジャパン株式会社​

東京都新宿区神楽坂2−13 末よしビル2階B

お問い合わせ先:TEL 03−6457−5087

2016年7月ムウェンジ村学校初回訪問時−1

2016年初回訪問時の教室内