ストークグローバル・ジャパン株式会社​

東京都新宿区神楽坂2−13 末よしビル2階B

お問い合わせ先:TEL 03−6457−5087

私達に何ができる?

What can we do?

農家収入の向上

これらの地域では1農家1ヘクタールあたり300〜350kgのカカオ豆を生産していますが、

1ヘクタールあたり2,500から3,000kgを生産している南アメリカ諸国と比較するととても低い生産量であることがわかります。

よって、これらの地域の生産量をもっと伸ばす事も重要です。

 Cocoa for Schoolsでは、2016年から1,500の

カカオ農家への研修を始めました。

近代のカカオ農法、剪定方法、肥料、病気の防ぎ方、

発酵方法、そして児童労働への指導などを行っています。

トレーニングの欠如

​低生産量への理由と対処

カカオの木の苗床4箇所を2016年2月に設置し、

Cocoa for Schoolsから13万本の苗木を提供しました。

今後は各村への栽培方法の教育と、彼らが自分達で苗床を設置できる様に資材を提供していく予定です。

​カカオの木の老朽化
教育の強化

460の未完成の教室と職員室の完成、

760以上の建築ミスによる欠陥のある

教室と職員室の改築が必要です。

教室と職員室を建てる

教科書不足も大きな問題です。

よくて3人に1冊、酷い場合は30人に

1冊しかない状況です。

​しかし、全ての地域でまずは教室をと

要求があった事により、教科書の

配布より現在は教室の建設に

焦点をあて活動しています。

教科書の配布へはまだまだ資金が

必要な状態です。

​教科書とその他の教育道具を提供する

学校や村の衛生状況の向上、

綺麗な水がないために赤痢やコレラ等の病気が発症し続けています。

全ての学校で井戸の堀削をし

敷地内にポンプ室を設置する事で、

周囲一帯地域への水道網を備える

事ができます。また、水洗式のトイレと手洗いの建設も必要です。

井戸の提供、トイレとバスルームの建築

タンザニアの環境の整っていない

村にも、より質の高い教師に来て

もらえる様に、水が通っていて

トイレが整っている新しい教師用の

住宅の建設が必要とされています。

教師の質の向上